2018年5月アーカイブ

もし食べたくない料理を出されたら

もし、断れない食事会などで、食べられないもの、
食べたくないものが出された場合、どうしますか?

一番いいのは、嫌いな料理を食べる必要がない状況をつくることです。
のフレーズを使って、ホストの気分を害さないようにしながら、
料理を次の人に回してください。

・これはパスしようかな。他の料理のために、お腹をあけておきたいから。
・別の料理を見ながら「あ、あれ食べたい!」と言い、
次の人に問題の料理をさりげなく回す。
・特定の食材を食べるとお腹が痛くなるから、これはやめておきますね。

・わあおいしそう! でも、まずこれ
(いま自分のお皿に上にあるもの)をさきに食べちゃいますね。

・もうお腹いっぱい、もう一口もたべられない! 素晴らしい料理をありがとう!
・「これは第2ラウンドにとっておきます!」と言ってその料理をパスする。
不思議なことに、あなたは第2ラウンドでその料理をとり忘れる。
または、お腹がいっぱいで第2ランドを食べれなくなる。

こうしたフレーズが成功するかどうかは、言い方にかかっています。
できるだけ明るく元気に、笑顔で言うようにしてくださいねー。

相手に失礼のないようにお断りするって、、、難しいけどね、
方法がないわけではない!

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。